もちくず倉庫

気になって調べたものをおくところ

都市伝説「イツキのアトリエ」の真相

f:id:mochikuzu:20190522203329j:plain

 

1.都市伝説「イツキのアトリエ」とは

インターネット上で語られる都市伝説の一つに、「イツキのアトリエ」というものがある。

それはこんな話だ。

 

全国の公立図書館のうち特定の館に、『イツキのアトリエ』という画集がある。

出版社が出したものではなく、市販のスケッチブックに絵が描かれたもので、図書館のバーコードも貼られていない。

そこに描かれているのは、一組の男女が何通りもの方法で醜い顔の男に惨殺される様子。

凄惨な内容に、見ているものは卒倒したり発狂したりするという。

これを処分したり人目につかない場所にしまったりすると、描かれているのと同じ目に遭う。

見つけてすぐに燃やしたとしても、また別の図書館に出現するという。

 

2.Wikipediaに「イツキのアトリエ」が載っていた?

この「イツキのアトリエ」は、2007年の2月にインターネット上に出現したのが始まりだ。

5ちゃんねるのスレッド「★★★★★★★★★★都市伝説★★★★★★★★★★」に、

892 :本当にあった怖い名無し:2007/02/06(火) 00:55:37 id:TFqqgwnlO

Wikipediaの都市伝説のところに『イツキのアトリエ』ってあるんだけど初めて知った。
詳細知りたいんだけど有名なのかな?

 

903 :本当にあった怖い名無し :2007/02/07(水) 12:26:44 id:ednoyJto0
『イツキのアトリエ』
全国にある公立図書館の中でも、
特定の図書館にだけ収容されていると言われている絵画の画集のタイトル。
その画集に描かれている絵画が世にも怖ろしいため、
見た人は発狂したり、卒倒すると言われている。
また、その本を処分しようとしたり、人目に付かない所に保管しようとすると、
絵画に描かれている事と同じ目にあうと言われている。

 

という書き込みがある。

現在のWikipediaの「都市伝説」の項目には、イツキのアトリエに関する記述はない。

Wikipediaの「都市伝説一覧」という項目は2007年3月に「都市伝説」の項から分割されてできたもので、それ以前は「都市伝説」内に色々な都市伝説が掲載されていた。

その一つとして「イツキのアトリエ」が追加されたのは、2007年2月1日 (木) 17:21。

そしてその2週間後の2007年2月15日 (木) 05:10には削除されている。

ノート:イツキのアトリエ」についてを読むと、

 

この都市伝説の出典について明らかにしていただく事を望みます。ですが、「都市伝説」という性質上、明確なソースを提示するのは難しいと思われますので、もう少し詳しく記述していただく事を、執筆者の方にお願いします。

 

と出典を求めるコメントがついており、それに対して

 

この執拗なマルチポストに辟易しています。 2月13日の午後2時ごろから20分の間に7件以上の掲示板やスレッドに全く同じ書き込みがありました。
その書き込みのあった掲示板の管理人をしているのですが、IPアドレスとウィキペディアの比較をしたところ一番最初にウィキペディアにこの情報を書き込まれた方とネットの都市伝説関係の掲示板に書き込んだ方は同一人物でした。

 

と書き込んでいる人物がいる。

そして、

 

お返事遅れてすみません。無視してるつもりはないのですが、よくやり方が分からないのでここに、このような形で書かせてもらいます。この話は僕自身が聞いた話で、タイトルも聞いたまま載せています。でもメジャーな話以外は載せてはいけないと知りませんでした。決して悪気は無かったんです。すぐ削除依頼します。色々とご迷惑かけてすみませんでした。

 

と執筆者が謝罪している。

また「都市伝説」の変更履歴から2007年2月15日 (木) 05:10の会話を見ると、

 

「イツキのアトリエ」初版執筆者の方へ。この記事をwikipediaから消したい場合、即時削除の依頼をすればよいようです。

 

とあり、執筆者がこのアドバイスに従って即時削除の依頼をしたことが推測される。

 

ちなみに、Wikipediaの「都市伝説」内にあった「イツキのアトリエ」の説明は以下の通り。

 

全国にある公立図書館の中でも、特定の図書館にだけ収容されていると言われている絵画の画集のタイトル。その画集に描かれている絵画が世にも怖ろしいため、見た人は発狂したり、卒倒すると言われている。また、その本を処分しようとしたり、人目に付かない所に保管しようとすると、絵画に描かれている事と同じ目にあうと言われている。

 

「イツキのアトリエ」という見出しにはリンクがついており、クリックすると「「『イツキのアトリエ』」を作成中」というページに飛ぶ。

そこを見るに執筆者は「イツキのアトリエ」の個別記事も作っていたが、2007年2月13日 (火) 22:10に削除されたようだ。

 

3.2007年2月13日のマルチポスト

前項で引用したとおり、Wikipedia「ノート:イツキのアトリエについて」には、

 

この執拗なマルチポストに辟易しています。 2月13日の午後2時ごろから20分の間に7件以上の掲示板やスレッドに全く同じ書き込みがありました。

 

という記述がある。

ディープ・ダンジョン~夕庵~」というブログの2007年2月17日の記事「イツキのアトリエ」に、それを裏付ける文章がある。

 

この1週間ほどの間に、あちらこちらの都市伝説系掲示板ならびにWikipediaに「イツキのアトリエ」なる話が相次いで投稿された。うちのサイトにもそういう投稿の一部があったため、ここでネタにするものだ。これらの投稿は典型的なマルチポストだったために、どうやら各掲示板を巡回する習慣を持つ人たちから不興と不信を買う結果に終わったようである。もちろん、投稿者は同一人物だった。

 

この後にも詳しく状況が書かれており、当時の流れがわかる。

また同記事内には

 

この一件に関しては「うまい棒バカ一代」のメリケンオタマさんが投稿者本人に事の仔細を問い正しており、そのやり取りによれば、投稿者自身もこの話を作為的に広めようとしたことは認めている。

 

という記述がある。

うまい棒バカ一代(現:都市伝説広場)の当時の掲示板(「都市伝説掲示板」。ウェブアーカイブで閲覧)で、やり取りの文章を確認した。

 

タイトル:イツキのアトリエ

日時: 2007/02/13 14:16

名前: モロモロ谷

全国の公立図書館のうち、特定の図書館にだけ置いてあると言われている画集のタイトル。
ただ、画集と言っても、出版社から出された本ではなく、市販されているスケッチブックにそのまま描かれているらしい。
また、そのスケッチブックには、貸し出し用のバーコード等は一切貼られてなくて、
いつから図書館にあって、どこの棚に置かれているかも謎であるらしい。
そして、そのスケッチブックに描かれている絵とは、一組の男女が、幾通りものパターンで醜い顔の男に惨殺されているという怖ろしい内容になっていて、
高い画力で残虐的に描かれた絵のリアリティと、醜い顔の男から放たれているおぞましい程の憎悪の念に、
見ている者は発狂したり卒倒すると言われている。
また、このスケッチブックを見つけ、勝手に処分しようとしたり、
人の目に付かない所に保管しようとすると、絵画に描かれている事と同じ目にあうと言われていて、
例え、見つけてすぐ燃やしたりしても、自分に不幸が降りかかるだけで、スケッチブックは、
以前置いてあった図書館とは違う図書館に、いつのまにか収容されているらしい。

この話について詳しく知ってる人教えてください!

 

これには「同じような話を聞いたことがある」というレスが付いている。

 

タイトル:同じかどうかは解らないけれど。( No.1 )

日時: 2007/02/13 17:23

名前: 十叶 夕海

私も、同じような話を聞いたことがあります。
それは、こんな話です。

今から、10年以上前、小学校には逝ってしばらくした頃。
『私』は、暇さえ、あれば、図書館に通っていました。
もちろん、読むのは、児童の部の絵本や簡単な小説だけです。
それでも、たまに、青年の部の画集なんかを見に行くんです。
キレイだからだと思います。
その季節の始めに、おかしな物をみつけました。
普通の・・・・といっても、『私』が知っているよりも、高価なスケッチブックをそういう画集の書棚でです。
出版社など書いていない、普通のスケッチ。
一番始めに、『私』にも読める範囲での、漢字でこう書かれていたと言います。
【これを手に取った人へ
 これは、私を裏切った最愛の人と親友への復讐の絵です。
 貴方は、これを手に取ったことを誰にも言ってはいけません。
 不幸になります。】
その内容は、モロモロ谷さんと一緒。
リアリティ満載で、一組の男女が、醜い男に惨殺される物と言う。
でも、その頃の年頃って、恐いもの見たさって感じものあるじゃないですか。
ふるえながらも、最後まで見て、元の位置に戻しました。
それから、しばらく、その季節が終わる頃まで、そのスケッチブックはあって。
次の季節に印が降りた時に、無くなったそうです。
そして、違う図書館に現れたと、数年後の司書さんの噂を聞いたそうです。
また、彼女は、それから妙なもの・・・この世でない物を見るようになったとか。


私が聞いたのは、こんな感じです。
参考になりましたか?

 

さらに管理人のメリケンオタマ氏から最初の情報源をたずねるレスが付いており、以下のような回答が書き込まれた。

 

メリケンオタマさん
これは去年の暮れに学校の友人と怖い話をしてるとき友人から聞いた話です。友人はお姉ちゃんから聞いたといってましたがそのお姉ちゃんは誰から聞いたかはわかりません(><;)あ、あと上記の文章はウィキペディアから引用した文章です。

 

こうして出典を確認したメリケンオタマ氏は、書き込み者に意図を問いただす。

 

タイトル:Re:イツキのアトリエ( No.4 )

日時: 2007/02/14 01:31

名前: メリケンオタマ

さていろいろ聞きたいことがあるのですが、
なぜ13日の午後2時頃から各都市伝説サイトや2ちゃんねるにいっせいに同じ文章を投稿されたのですか?
私がざっと確認されているだけでも20分程度の間に合計7つの掲示板やスレッドに同じ文章がかかれていましたよ。

ウィキペディアに「イツキのアトリエ」を載せたものモロモロ谷(ザキ)さんですよね?
そしてウィキペディアでたびたび出されてる要・出典をその都度削って何事もなかったようにしているのはなぜですか?

そしてそれだけでは飽き足らずに「イツキのアトリエ」という項目まで新設したのでしょうか?(この項目でも出典などを求められています)

両方の掲示板にマルチポストされていたので、私はこの記事のNO.2の書き込みで情報元をを聞いてみました。

私が勝手に推測しますと、2月1日にウィキペディアに載せてみたものの、特に大きな話題にもならず食いつきも悪かったために我慢できずに(多くの人に知ってもらいたいのか、自分で考えた話なのかわかりませんが。)13日のマルチポストに及んだものだと思われます。

正直この話についてどうこう議論するのは不要だと思いますね。

 

タイトル:Re:イツキのアトリエ( No.5 )

日時: 2007/02/14 03:49

名前: モロモロ谷

メリケンオタマさん
色々な掲示板に同じ投稿をしたのは確かに僕ですが、理由は単純にこの都市伝説について詳しい情報を得たかったからです!そしてウィキペディアに載せたのは僕じゃありません!!たまたま、今日ウィキペディアの都市伝説の欄を見たら、友人が言ってた話が書いてあったので、テンションが上がって色々な掲示板に書いて情報を集めようとしただけです!そして現に十叶 夕海さんのおかげで男女と醜い男の関係性もわかりました。本当に感謝です。

 

タイトル:Re:イツキのアトリエ( No.6 )

日時: 2007/02/14 04:24

名前: モロモロ谷

・・・すみません!たしかにウィキペディアに載せたのは僕です。嘘ついてごめんなさい!確かにこの話を広げたいって気持ちはありました。・・・でも自分だけが知った怖い話って人にも教えたくないですか?僕はこの話をもっと詳しく知って、より充実させて、いろんな人に知ってほしかっただけなんです。だからウィキペディアに載せたんです。嘘ついたことは謝ります。すみませんでした。でも悪意はなかったんです。

 

これを見ればもう何があったかは一目瞭然だ。

この人物、Wikipediaに「イツキのアトリエ」を載せたことを最初は否定するなど、謝ってはいるがなかなか図太い。

 

都市伝説ウェブサイトと5ちゃんねるにマルチポストがされたとのことだが、おそらくサイトの閉鎖やBBS・掲示板のサービス終了のために、あまり都市伝説サイトでのマルチポストは見つけられなかった。

 

5ちゃんねるでは、以下のスレッドに「イツキのアトリエ」の書き込みがあった。

都市伝説&陰謀論

書き込み日時:2007/02/13(火) 14:08:23

ID:OS5uA9fL0

あなたの知ってる都市伝説

書き込み日時:2007/02/13(火) 14:10:29

やりすぎコージー 都市伝説

書き込み日時:2007/02/13(火) 14:11:34

ID:OS5uA9fL0

3つとも「都市伝説掲示板」と全く同じ文章である。

③では次のレスで「マルチめ」と言われており苦笑してしまう。

 

メリケンオタマ氏が書いているように、Wikipediaに項目を立てたのに話題にならず、2/6・7に前述のスレッド「★★★★★★★★★★都市伝説★★★★★★★★★★」で自作自演をしてみたが特に反応がなかったため、2/13のマルチポストに及んだのだろう。

 

個人的には、掲示板でレスをつけている「十叶 夕海」も同じ人物だと思う。

2/13の14時台に各所にマルチポストしたものの思うような反応がなく、自演をしたのではないだろうか。

さらに言えば、この人物は謝罪しつつも「イツキのアトリエは本当にある話」と主張し続けているが、私にはそれも疑わしいように思える。

これだけの書き込みをして、同様の話を聞いたと発言しているのが「十叶 夕海」のみだからだ。

 

4.なぜ「イツキのアトリエ」は今日まで生き残ったか?

マルチポストをした人物はよほど「イツキのアトリエ」を広めたかったようだが、やり方が下手すぎた。

「八尺様」「コトリバコ」「ひとりかくれんぼ」など、インターネットで生まれて有名になった怪談や都市伝説は多数ある。

意図的に不確かな話を広めることを肯定するつもりはないが、他にやりようがあったのではないか……。

 

と思うが、意外にも「イツキのアトリエ」は現在も生き残り、都市伝説系ブログなどに掲載されている。

『眠れないほど面白い都市伝説 驚愕篇』(並木伸一郎 三笠書房 2015)という書籍にまで載っていた。

時代の経過やかつてあった個人サイトの消滅等により詳しい事情を知る者が少なくなり、そういうことを知らずに「イツキのアトリエ」のレスを見た者がそれを転載する……

という流れがあったことが推測されるが、「イツキのアトリエ」の生き残りにはその裏に面白い原因がある。

それは、マルチポストされた5ちゃんねるのスレッドの一つあなたの知ってる都市伝説で「イツキのアトリエ」の書き込みについたレスだ。

 

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 14:10:29

イツキのアトリエ

全国の公立図書館のうち、特定の図書館にだけ置いてあると言われている画集のタイトル。
ただ、画集と言っても、出版社から出された本ではなく、市販されているスケッチブックにそのまま描かれているらしい。
また、そのスケッチブックには、貸し出し用のバーコード等は一切貼られてなくて、
いつから図書館にあって、どこの棚に置かれているかも謎であるらしい。
そして、そのスケッチブックに描かれている絵とは、一組の男女が、幾通りものパターンで醜い顔の男に惨殺されているという怖ろしい内容になっていて、
高い画力で残虐的に描かれた絵のリアリティと、醜い顔の男から放たれているおぞましい程の憎悪の念に、
見ている者は発狂したり卒倒すると言われている。
また、このスケッチブックを見つけ、勝手に処分しようとしたり、
人の目に付かない所に保管しようとすると、絵画に描かれている事と同じ目にあうと言われていて、
例え、見つけてすぐ燃やしたりしても、自分に不幸が降りかかるだけで、スケッチブックは、
以前置いてあった図書館とは違う図書館に、いつのまにか収容されているらしい。

この話について詳しく知ってる人教えてください!

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 15:34:26

おまえが1番詳しいよ

 

これが、5ちゃんねる内で笑えるレスを紹介する複数のスレッドに転載された。

これにより「イツキのアトリエ」はオカルト板住人等事情に詳しい者以外の人々の目に触れ、また面白いレスとしてほそぼそとコピペされ続けた。

そのうちに「面白いレス」ではなく「都市伝説の内容」の方に注目されるようになったのではないか。

このようなレスがついたのも書き込み者の前のめりな文章があったからこそであり、「お粗末」に見えたやり口がまさかの成功につながった興味深いケースである。