もちくず倉庫

気になって調べたものをおくところ

お知らせ&本の食べ物「ボンボン」

お知らせ:

沼田女子高校生殺人事件の記事の公開を終了しました。

ご覧くださった方々ありがとうございました。

 

 

私の趣味の一つで、本に出てくる食べ物を実際に食べるというのがあります。

本にまとめようかと思ったのですが、写真はウェブのほうが見やすいと思ったので、ブログに載せようと思います。

 

去年久しぶりにアレクサンドル・デュマ・フィスの『椿姫』を読みました。

ストーリーはもちろん楽しんだのですが、干しぶどうのボンボンが出てくるところで無性にボンボンが食べたくなり、おとりよせしました。

六花亭のボンボン「六花のつゆ」です。

 

f:id:mochikuzu:20190209003210j:plain

花柄の缶を開けると、ワイン、ブランデー、うめ酒、ペパーミント、コアントローハスカップの6種類が並んでいます。

個人的ないちおしは梅酒です。

 

外国製のボンボンも買ってみました。イタリアのジェノヴァにある砂糖菓子・チョコレート菓子の老舗ピエトロ・ロマネンゴの「シュガーボンボン」です。

「カラー」といういろいろな色のものが入っているものと、ピンクの「ローズ」、白の「ミント」が売られていて、ローズもミントも大好きなので悩みましたが、いろいろな味が食べられる「カラー」を買いました。

 

f:id:mochikuzu:20190209003256j:plain

予想していたような外国菓子特有のクセはなく、おいしい砂糖菓子でした。

6色入っていて、青がアニス酒、ピンクがローズ、オレンジがオレンジキュラソーだと思うのですが、黄色・白・緑はよくわからず……

黄色はチェリーかな?と思いますが、味覚が雑なので自信はありません。

 

私はボンボンといえばウィスキーボンボンしか知らなかったのですが、『椿姫』のヒロイン・マルグリットが好きなのは干しぶどうのボンボン。

調べるとボンボンというのは広く一口菓子を指す名称で、フルーツやナッツなどいろいろな中身のボンボンがあるということがわかりました。

干しぶどうのボンボンはドラジェに近い感じのお菓子なのでしょうか。

日本で食べられるものだとレーズンチョコが近い……?

いつか食べてみたいです。

 

関係ないのですが、西長良成訳『椿姫』で主人公アルマンがマルグリットに買ってあげるボンボンの量が「五百グラム」なのがちょっと驚きです。多くない?