もちくず倉庫

気になって調べたものをおくところ

都市伝説「イツキのアトリエ」の真相

1.都市伝説「イツキのアトリエ」とは インターネット上で語られる都市伝説の一つに、「イツキのアトリエ」というものがある。 それはこんな話だ。 全国の公立図書館のうち特定の館に、『イツキのアトリエ』という画集がある。 出版社が出したものではなく、…

本の食べ物「ミンスパイ」

私はひねくれものなのでこの季節にミンスパイの記事を書きますが、紹介するものは昨年の12月に食べたものです。クリスマスの時期以外には販売されていないと思いますので、ご注意ください。 ミンスパイとは、りんご、ぶどう、レモン等のドライフルーツでつく…

【終了しました】5/6文学フリマ東京に出店します

こちらのイベントは終了しました。 ブースに来てくださった方、本を買ってくださった方、ありがとうございました。 とても楽しい時間が過ごせました。 無料配布がすぐ終わってしまうなど準備不足のところがあり、反省しています。次の機会には改善できるよう…

本の食べ物「jello」

アメリカの児童文学作家ルイス・サッカーの作品を読んで面白かったので、原書で読んでみたいと思い文章が簡単そうなSomeday Angelineを手にとりました。 インターネットで見た感じだと、勉強の一環として読んでいる人が多いようです。英語学習に向く本として…

都市伝説:黒い目の子どもたち(black-eyed children/black-eyed kids)

1.1.黒い目の子どもたち(black-eyed childrenまたはblack-eyed kids)とは 黒い目の子どもたち(black-eyed childrenまたはblack-eyed kids)と呼ばれる都市伝説がある。 白目のない、真っ黒な目をした不気味な子どもたちにまつわるものだ。 black-eyed kid…

お知らせ&本の食べ物「ボンボン」

お知らせ: 沼田女子高校生殺人事件の記事の公開を終了しました。 ご覧くださった方々ありがとうございました。 私の趣味の一つで、本に出てくる食べ物を実際に食べるというのがあります。 本にまとめようかと思ったのですが、写真はウェブのほうが見やすい…

不気味な雰囲気が良い動画

しばらく更新できるか不明なのですが、あまり間があくとなんとなく気になるので、雰囲気がすきな動画をいくつかまとめまてみます。 Persephone Numbers Stationを初めて見たのは結構昔なのですが、今調べるとオンラインゲームの一環としてアップされたものだ…

【終了しました】11/25文学フリマ東京に出店します

11/25に行われた第二十七回文学フリマ東京に出店しました。 ブースに来てくださった方、本をご購入くださった方、ありがとうございました。 文学フリマには初めて参加しましたが、雰囲気もとても良く、面白い本がたくさんあり楽しかったです。

グラン・ギニョル座と狂気

1897年、パリのピガール地区にある劇場ができた。 猟奇的な恐怖演劇の上演で知られるグラン・ギニョル座Le Théâtre du Grand-Guignolである。 ・グラン・ギニョル座の歴史 グラン・ギニョル座は1897年、オスカール・メテニエによって設立された。 席数は280…

ジェイソン村 2 関東のジェイソン村

今回とりあげる相模湖ジェイソン村(神奈川県)とつくば市のジェイソン村(茨城県)は、インターネットで見た範囲だと、どちらも2001年頃にはすでにジェイソン村としてある程度の知名度を有していたようだ。 特に相模湖ジェイソン村については、2001年12月発…

ジェイソン村 1 新潟ジェイソン村

ジェイソン村[じぇいそんむら] アメリカからやってきた殺人鬼がホッケーマスクを被り、村人を殺戮した廃村があるという怪異。 (中略) 秋田県、茨城県、神奈川県、群馬県、熊本県などにあるという不可思議な村にまつわる都市伝説。 ――朝里樹 『日本現代怪…

私宅監置のこと

私宅監置についての本を読んだりちょっと調べたりしていました。 いわゆる座敷牢とイコールのものと考えていたのですが、ちょっと違うようです。 私宅監置は、1900年に公布された精神病者監護法によって定められたもので、『時代がつくる「狂気」』(朝日新…

桐生火葬場事件 3

前の記事のつづき。これで終わりです。 市の対応 市当局は、事件を受け4月15日夜に市会議員の緊急協議会を開いた。 当座の対応として、火葬場は改築し、死体が全て発掘された後に慰霊祭を行うことを決めた。 また15日の緊急議会では、当時の市長から市会議員…

桐生火葬場事件 2

前の記事のつづき 犯行動機 捜査の結果、MとYが死体を半焼で遺棄した動機は以下の3つとされた。 ①燃料・火葬代金の騙取 Yについては、燃料の薪代は自己負担だが、市からの手当の他火葬の回数に応じて条例で定めた火葬料金が支給されていた。 Mは火葬の手間…

桐生火葬場事件 1

1933(昭和8)年4月14日、群馬県桐生市の市営火葬場近くで、子どもが死体を発見した。猟奇的事件として日本全国に大きく報道された「桐生火葬場事件」の始まりである。 事件のあらまし 1933年4月14日、桐生市営火葬場のゴミ捨て場から犬が人間の死体を掘り出…

お問い合わせフォーム

お問い合わせはこちらのフォームからお願いします。 読み込んでいます...